パリジェンヌの風邪対策法

風邪をひいたときに頼れる薬やアイテムがあるって心強いですよね。
日本では風邪をひきそうだなと感じたらすぐに改源、マヌカハニー、プロポリスなどで緊急対応をします。
先日パリで久しぶりの風邪をひきました。日本出発時に熱があったので飛行機は辛かったです。。パリに着いてから何が良いのか分からず日本から持参した薬を飲んでいましたがなかなか効かず、ついに見兼ねたパートナーが医者の友人に何が良いか聞いてきてくれました。

 

paris1

 

ドラッグストアで手に入る優秀なアイテム 〜風邪対策〜

 

strefen

strefen

こののど飴はびっくりするくらい本当に効きました!喉からきた風邪だったのでいつも喉はカラカラで痛みもあったのですが、これを服用してからすぐに喉の状態が良くなりました。本当にお世話になりました。飴なのですがこれは結構強い薬らしく服用回数と期間をちゃんと守らないとダメみたいです。

 

 

赤ちゃん用の鼻洗浄 〜風邪対策〜

 

目薬

 

喉の痛みと鼻詰まりもあったのですが、これで鼻洗浄をしてから本当に楽になりました。これはフランスで赤ちゃんの鼻が詰まったときに鼻の中を洗浄するのに使うそうです。食塩水になります。鼻の中にピューっと入れて鼻から食塩水を出します。一瞬ゲホゲホとなるので赤ちゃんにはハードルが高いのではないだろうかと余計な心配をしながら使っていました。自分で鼻に入れる量をコントロールができるので最初は少量から試して、慣れたら結構多めの量にしても平気かと思います。
これは、風邪ひいてない時でもたまにするのはいいのじゃないかと思うくらいスッキリします。フランスでは目薬としてコンタクトが乾いた時にも使ったりしているそうです。一箱買うと結構な量が入っているので赤ちゃんがいる友達へのお土産にしても喜ばれそうですね。

 

 

 

One thought on “パリジェンヌの風邪対策法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です